政治信条・政策

 政治家はそのそれぞれの立場において、人の幸せの為にあると考えます。それでは人の「幸せ」とは何か?。「幸せ」はその人によって、考え方は十人十色であり、時代や地域、性別や年齢等、様々な違いによって捉え方も変わると思います。私たちは常に広く公平に人の幸せとは何かを追求し、導き出した答えを実行し、責任を持たなければなりません。

 私の考える県民の幸せは、まずは安心・安全の土台の元に、子供達がしっかりと教育を受けられる環境があり、高齢者が住みやすく、現役世代の若者に活力があり、豊かさを共有し、未来に希望が溢れている事であると思います。

 私は県議会議員としてまずは、神栖市の市民の皆さんの声を、広く県民の皆さんの声を集めて、自分自身が何をすべきか、国、県、市等行政が何をすべきかを追求し活動し続けたいと思います。

安心・安全

地域医療の改善
(医師確保、医師偏在解消、中核病院の整備)
災害に強いまちづくり
(地震、津波、火災、洪水、冠水、台風などに対応できるハード、ソフトの両面の対策)

教育

教育格差の解消
地域の子供を地域で育てることの環境づくり
郷土愛の育成
特別支援学校の充実強化
自然との共生を大切にした子育て支援

産業

日本一農業地域・水産漁業地域としての一次産業の環境整備
鹿島臨海工業地帯の競争力強化
カーボンニュートラル・DXの推進
観光の振興(新たな観光資源の掘り起こし、スポーツツーリズム、グルメツーリズム)

福祉

高齢者・障害者の福祉の推進(バリアフリー化)
交通弱者の解消
ケアラー支援

文化・芸術の醸成

伝統文化の継承
遊び心を創出するための施策

PAGE TOP